捗るとは

今回はビジネスシーンで非常によく使われる「捗る」という言葉について解説します。 会話の中で頻出する言葉ですが正しい読みと意味を理解し、正しい使い方が出来ていない社会人もいます。また書こうとしても漢字で書けないという人も多いです。常識的な言葉であるため今さら人に聞きにくい、という方はこれを機に正しく理解しましょう。

捗るの読み方は「はかどる」

「捗る」は「はかどる」と読み「果取る」とも書きます。 「捗」という字は訓読みで「はか・はかど」、音読みで「ちょく」と読みます。 「はかどる」の「はか」は仕事の進み具合を表す語です。「はかる」や「はかばかしい」の「はか」と同じ語源で、「計」「量」「果」という漢字が表す「計り」と同意義です。 それまで「はかがゆく」という表現だったものが江戸時代から「はかどる」という形で使われるようになり、「捗る」が普及していきました。

捗るの意味は「仕事や物事がうまく行く、進む」

「捗る」は「仕事や物事、作業などがうまく行く、進む」という意味を持ちます。 前述した通り「捗る」の「捗(はか)」が仕事や作業、勉強などの進み具合や目当て、目標などを意味しています。原義は「打つ」という意味もあります。 平安時代にはその「捗」が「進む・行く」ということを指し、「捗が行く(はかがゆく)」の形で使われていました。形は異なりますがこれも仕事や作業などの進みが早くなる、効率が良くなるという意味を持っています。

捗るの類語・対義語・英語

「捗る」という言葉の類語には前述した「進捗・捗々しい」、対義語は「滞る」、そして英語は「progress」などの関係するさまざまな言葉があります。 「捗る」という言葉について深く理解するためにも、これらの関連する言葉について詳しく解説していきます。