chromeのキャッシュクリアをしないと重くなってしまう

「chromeのキャッシュクリア」を知っていますか。「chromeのキャッシュクリア」とは、キャッシュを削除するための機能です。そもそもキャッシュとは一回見たページの画像や原稿を、ハードディスク(HDD)またはソリッドステートドライブ(SSD)に情報として保存したものを指します。 このキャッシュを保存しすぎた場合、HDDやSSDのデータ容量が増加してしまい動作が重くなってしまいます。

chromeのキャッシュクリア方法①「設定ボタンからキャッシュクリア」

「chromeのキャッシュクリア方法」では「設定ボタンからキャッシュクリア」・「ショートカットキー」・「拡張機能」の3パターンに分けて紹介します。各々の説明ではさらに詳しくみていきます。 まずは、chromeの設定ボタン(…)からキャッシュを削除する方法を3つの手順に分けて解説していきます。それではスクショを参考にしながらみていきましょう。

①chromeブラウザから設定画面の「その他ツール」をクリック

「chromeのキャッシュクリア」を実行するには、まずはchromeブラウザを開いてください。次に、ページ右上にある設定ボタン(…)をクリックしましょう。 次にメニューバーの下の方に表示されている「その他のツール」をクリックしてください。

次に「閲覧履歴データの消去」をクリックします。 上記のとおり順を追っていくと「閲覧履歴」・「ダウンロード履歴」・「Cookieと他のサイトデータ」といったチェックボックスが表示されます。

②消去する閲覧データを選択

「閲覧履歴データの消去」すると以下の9つの項目が表示されます。 ・閲覧履歴 ・ダウンロード履歴 ・Cookieと他のサイトデータ ・キャッシュされた画像とファイル ・パスワードとその他のログインデータ ・自動入力フォームのデータ ・コンテンツの設定 ・ホストされているアプリ データ ・メディアライセンス 上記の中で削除したい項目にチェックを入れることで、キャッシュクリアすることができます。