体系的の使い方と例文

(画像:Unsplash

「体系的」は社会生活を営む中で、よく見聞きずる言葉です。そのため様々なシーンで用いられます。 中でも頻出する「体系的に学ぶ」「体系的にまとめる」「体系的な組織」という表現について、例文を交えて解説します。

体系的に学ぶ

文部科学省の教育要項などでよく見かける表現に、「体系的に学ぶ」があります。

例文

  • コメディカルスタッフとして1人前になるためには、専門分野だけでなく周辺職種も含めて体系的に学ぶことが大切です。

例文

  • 体系的に学ぶことで、人間は教養を深めることができます。

「体系的に学ぶ」には「1つの分野や視点にとらわれず、他の学問や情報にも目を向けながらまとまりとして学習する」という意味で使われます。

体系的にまとめる

学校や社会でよく使われる表現に、「体系的にまとめる」があります。

例文

  • 提出したレポートがわかりにくいので、体系的にまとめ直してください。

例文

  • 苦手だった英語を得意科目にした自分なりの勉強方法を、体系的にまとめることにします。

「体系的にまとめる」は、事柄や情報の関連性や知識を整理しカテゴライズするという意味で使われます。理解しやすいように、内容を分類してとらえなおすということです。

体系的な知識

「体系的な知識」という表現も、見かけることが多いはずです。

例文

  • これからの医療・福祉連携について考える際、業界特性を踏まえて体系的な知識を得られるシステムが必要でしょう。

例文

  • 物事を的確に判断できるようになるためにも、体系的な知識に照らし合わせる習慣を持つことをおすすめします。

法律を例にあげて説明しましょう。「体系的な知識」とは単に民法を暗記することではなく、どんな位置づけでどう解釈されるかという全体をふまえ学んだ内容を意味します。