「体系的」の要点

  • 意味:「組織立っているさま」「秩序が認められる様子」
  • 例文:「体系的に学ぶことで、人間は教養を深めることができます。」
  • 類語:「系統的」
  • 対義語:「分散的」
  • 英語:「systematic」

体系的とは

(画像:Unsplash

「体系的」は、学校でも実社会でも頻出する言葉です。しかしニュアンスとしてわかっているつもりでも、正しく意味を説明できる人はそれほど多くなさそうです。 ここではよく使われているからこそ覚えておきたい、「体系的」の読み方や意味について整理します。

体系的の読み方は「たいけいてき」

「体」「系」「的」の3.文字からなる「体系的」は、「たいけいてき」と読みます。 「体」は音読みでは「たい」「てい」、訓読みでは「からだ」です。「系」は音読みでは「けい」、訓読みでは「すじ」「つな(ぐ)」です。「的」は音読みすると「てき」、訓読みすると「まと」「あき(らか)」といいます。3文字をすべてを音読みしている熟語です。

体系的の意味は「組織立っているさま」

「体系的」は、「組織立っているさま」「秩序が認められる様子」という意味を表す言葉です。単独で何かを考えたり論じるのではなく、他とのつながりも視野に入れて検討するという在り方と言ってもよいでしょう。 そこには、「色々な要素が相互に関係しながらもまとまっている」というニュアンスがあります。そのため会社や組織、グループについて話をする際に用いられるのです。