中国人の独特な食習慣

中国で急速に感染が拡大している新型コロナウィルスですが、最初の感染者が武漢の海鮮市場で発生したのは単なる偶然ではないようです。その背景には中国人独特の食習慣があるようです。中国人の食習慣に迫ってみましょう。

コウモリ、犬、キツネなども中国では食される

中国には独特な食習慣があります。「椅子以外の4本足は何でも食べる」という言葉があるほどでコウモリや犬、キツネ、ネズミなどさまざまな野生動物を珍味として食べています。 このため中国にはさまざまな野生動物などを売っている取引市場な各地にあり、その数は数百か所ともいわれています。 これは食料不足の時にできた食習慣とか中国4000年の歴史で作られた食文化といわれていますが、中国南部の広州以外の地域では野生動物を食べる習慣はないようです。

野生動物の取引市場は武漢に存在

1月30日にWHO(世界保健機関)が国際的な緊急事態とした新型コロナウイルスの感染拡大ですが、最初の感染者を出したのが武漢の市場でした。 武漢華南海鮮市場は感染者が出たことでその後営業が中止になっています。名目は海鮮市場ですが、その実態は総合市場といえるもののようです。 市場の一角ではタケネズミ、ハクビシン、マガモ、ヘビ、ウサギなど100種類以上にものぼる野生動物が生きたまま、あるいは死んだ状態で売られていました。