新型コロナウイルスの影響で業績悪化が止まらない航空会社

国際航空運送協会によれば、2020年の1年間で航空会社全体の売上が33兆円減少し、前年の50%程度になると予想しています。 こうした状況下において、ANAグループは2020年3月期の業績について2019年10月時点では1400億円の営業利益を予想していましたが、4月20日の発表では600億円へと57.1%の下方修正を発表しています。また、国外でもイギリスの大手航空会社ブリティッシュエアウェイズ社は業績悪化で1万2000人を解雇しています。 このように、新型コロナウイルスによって航空会社各社は業績悪化に悩まされています。

倒産する航空会社も出始める

ヨーロッパで最大の路線数をもつイギリスのコミューター航空会社であるフライビーが3月5日に破産を申告しました。また、オーストラリアでシェア2位のヴァージン・オーストラリアが4月21日に事実上経営破綻し、大手として初めて倒産に追い込まれることになりました。 航空コンサルタント会社は、政府による支援がなければ5月末までほとんどの会社が倒産する可能性があるとレポートで報告している他、長期投資で有名な「投資の神様」ウォーレンバフェットも航空会社の株を全て売り払ったと言われています。 このように航空会社は今後連鎖的に倒産に追い込まれる可能性が危惧されています。