東京都もGoToトラベルキャンペーンの対象へ

1分で分かるニュースの要点

  • 10月1日から東京もGoToトラベルの対象へ
  • 1兆6000億円を超えるGoToキャンペーン
  • ワクチン開発などによる終息の見込みは立たず

新型コロナウイルスの感染拡大スピードが低下したため、東京も10月1日からGoToトラベルの対象地域となる見込み。日本政府はGoToトラベルを含む4つのGoToキャンペーンで1兆6000億円以上の予算を投入し、景気回復を期待している。しかし、ワクチン開発などによる終息の目途は立っておらず、新型コロナウイルスとの共存の道を模索する必要もある。

10月1日からGoToトラベルキャンペーンの対象地域に東京都を追加へ

赤羽一嘉国土交通大臣は「GoToトラベル」キャンペーンの対象地域から外されていた東京都について、10月1日から対象に追加する方針を9月11日示した。 新型コロナウイルス感染症対策分科会で専門家からの意見を聴き、決定する。 東京都が新たに「GoToトラベル」の対象地域となれば、早ければ来週にも割引商品の予約が始まる見込み。

新型コロナ感染拡大の懸念から対象外も

7月22日から開始されていた「GoToトラベル」キャンペーン。 東京都では「GoToトラベル」キャンペーンスタート直前に新型コロナウイルス感染者数が再拡大しており、一時は対象から除外されていた。 9月10日に東京都が他県への移動の自粛を解除したことや、お盆の時期の帰省で感染者数が急増しなかったことを受け、東京の追加は了承される見通し。

大きく4つのGoToキャンペーンで経済活性化を目指す

政府はGoToトラベル以外にも、GoTOイート・GoToイベント・GoTo商店街などの4つのGoToキャンペーンを実施。これにより、新型コロナウイルスで落ち込んだ経済の活性化が期待されている。