5w1hとは

言葉の定義(画像:Unsplash

5w1hとは「いつ、どこで、だれが、何を、なぜ、どのように」を考えることです。 5wとはwhen、where、who、what、whyの5つの疑問詞の頭文字で、1hはhowの頭文字です。 5w1hは自分で出来事を整理する時、社内の報連相、取引先とのミーティングの打診、ニュース記事の執筆、イベントスケジュール作成、ビジネスアイデアを考えるなどなどあらゆる場面で役に立ちます。 ここの記事では5w1hを構成するそれぞれの意味や、ビジネスシーンでの具体的な使い方を通して正しい使い方を説明していきます。

5w1hの読み方は「ごだぶりゅーいちえいち」

5w1hの正しい読み方は日本語では「ごだぶりゅー・いちえいち」と読み、英語では「ファイブ ダブリューズ アンド ワン エイチ」と読みます。 ちなみに5w1hと全く同じ概念が日本語にも存在し「6何の法則」と言い、こちらは「ろっかのほうそく」と読みます。 どちらも「いつ、どこで、だれが、何を、なぜ、どのように」を考えて物事を整理する概念なので、覚え方はどちらでも問題ありませんが、一般的には5w1hの方が知っている人が多いです。 次ご紹介する覚え方も5w1hを元に作られたものなので、5w1hの方が覚えやすです。

5w1hの覚え方

5w1hは下記の語呂合わせで覚えることができます。 物事を整理するための5w1hも、それぞれの構成要素を忘れてしまっては元も子もありませんので、下の語呂合わせ文章でしっかり覚えていつでも使えるようにしておきましょう。 いつもウェン(when)と泣く子は、ウエア(where)を着てどこへ行った。 誰もがフー(who)んとそっぽ向き、ワッと(what)驚くことは何? なぜかワイワイ(why)している人は、どうやって這う(how)んだろう? 自分で覚えやすい方法があれば問題ありませんが、こちらもぜひ活用してみてください。

5w1h のそれぞれの意味

疑問(画像:Unsplash

5w1hは非常に有名なフレームワークですが、その考え方やビジネスの現場においてそれぞれの具体的な活用法について深く考えたことがある方はなかなかいないと思います。 ここではwhen、where、who、what、why、howそれぞれについて実際のビジネスシーンで具体的な活用方法を解説しております。 全ての思考の基本にもなるフレームワークのため応用範囲も非常に広いですが、基本的な使い方から派生した使用方法まで説明しております。