ペッパーランチでは様々な事件が発生している

ペッパーランチはペッパーフードサービスが展開するステーキ専門チェーン店です。ペッパーランチでは世間を騒がせた大きな事件が二つ発生しています。今回はこれらの事件の概要を解説するとともに、同じペッパーフードサービスのもとで事業展開するいきなりステーキやペッパーフードサービス全体の経営状況にも迫ります。

ペッパーランチ店長による強姦事件:ペッパーランチ事件

あろうことかペッパーランチでは店長が客の女性を拉致・監禁し強姦するという信じられない事件を起こしています。当然ペッパーランチを展開するペッパーフードサービス全体に大きな影響を及ぼしました。以下で事件の概要を見ていきましょう。

ペッパーランチの店長らが客の女性をスタンガンで脅し誘拐

事件は2007年5月9日に起きました。舞台はペッパーランチ心斎橋店でした。ペッパーランチには直営店とフランチャイズ店がありますが、事件が起きた心斎橋店は業務委託契約によるフランチャイズ店でした。 店は夜遅くまで営業しており、その日深夜に一人で訪れた女性客が犯人達の餌食になりました。 ペッパーランチ心斎橋店の店長らは女性客をスタンガンで脅し、睡眠薬を飲ませて意識を失わせた状態にし、店を閉店した後女性客の誘拐に移りました。

ガレージに誘拐し強姦

店長達は意識が混濁した女性をあらかじめ確保していたガレージに運び込みました。 その後店長達は女性をレイプしたうえ現金を強奪しました。店長達は引き続き女性をレイプするため、女性を全裸にして手足を縛り監禁しました。 店長達は犯行の場所をつきとめられないように携帯電話を粉砕しました。