工場制手工業とは

(画像:Unsplash

工場制手工業は19世紀頃に登場した仕組みです。問屋制家内工業と混同されることが多いですが、内容はまったく違います。 19世紀に入り、問屋制家内工業に限界を感じ始めた一部の地主や問屋が自身の敷地に工場や作業場をつくり機械や原料を準備し、農村から奉公人を呼び寄せ作業に当たらせました。この生産形態を工場制手工業といいます。

工場制手工業はマニュファクチュアとも呼ぶ

(画像:Unsplash

工場制手工業とは、生産手段を持っている資本家が仕事場となる工場を用意しそこに労働者を集め、分業による流れ作業に従事させることで賃金を払う形態をいいます。 工場制手工業はマニュファクチュアとも呼ばれ、第一次産業革命で先陣をきったイギリスで始まりました。 当時のイギリスは農業革命によって農民の多くが土地を失い、仕事を求めて都市部に流入していました。その労働力に着目した資本家が、綿工場で雇用したことが始まりとされています。

工場制手工業の仕組み

(画像:Unsplash

工場制手工業は、作業場に労働者を集めて分業により協業させることで成り立っています。 携わる労働者は専門性に従い仕事を分担します。従事する仕事は人それぞれですが、流れ作業によって1つの製品が出来上がります。 製糸工場を例にあげると、糸をつむぐ人、糸を染める人、糸を巻く人と手分けして作業を行うという仕組みです。 1人で同じ作業を行うより協業で行う方が大量の製品をつくることができます。

工場制手工業は資本主義

(画像:flickr

工場制手工業は資本主義の台頭とともに生まれました。 資本主義とは、資本家や企業が生産手段を持ち労働者を雇って清算作業を行わせることで自分たちの利益をあげるという経済体制のことです。 18世紀後半にイギリスで第一次産業革命が起こり、私有財産制が認められたことで資本主義が確立します。日本では明治維新以降に導入されました。地主が小作人を雇って農業を営むのも工場制手工業です。