「油を売る」の意味と由来、語源

(画像:Unsplash

「油を売る」という表現は時として他人を注意する場面でよく聞く言葉です。 「油を売る」という言葉は日常だけでなくビジネスシーンでも使うことができます。 まずは言葉の意味を確認し、由来を紐解いていきましょう。

「油を売る」の意味は「仕事をサボって遊ぶこと」

「油を売る」という言葉をビジネスシーンで使用する場合には、本来の仕事を怠けている人に注意をする場面で多く見られます。 「油を売る」行動は、遂行すべき仕事に集中していないことで業務の成果にもつながらないので、悪い勤務態度と見なされ人事的に悪評価がつく場合も考えられます。

「油を売る」の由来、語源は「江戸時代の油商人」

「油を売る」という言葉は、江戸時代の油商人による髪油の商売に由来があると言われています。 油商人は女性客に髪油を売る際に、客の容器に髪油を移し替える作業があるのですが、油は粘度が高いので粘度の低い水のように一気に流れません。油はゆっくりと流れるので移し替えることが終わるまでには長い時間がかかってしまいます。  髪油を移し替える時間に合わせてつなぎの会話も長くなったことで、「油を売る」という言葉が本来の仕事以外の無駄話をすることの語源になったと言われています。

「油を売る」の正しい使い方と例文

(画像:Unsplash

「油を売る」という言葉の意味を押さえた上で、正しい使い方を例文を交えながら解説していきます。 使い方を覚え、的確な場面で使えるようにしましょう。