chill out(チルアウト)の読み方と意味

(画像:Unsplash

「chill out」の読み方は「チル アウト」です。実際はネイティブが読むとlの音とoの音が繋がるので「チラウッ」というように聞こえます。 音声データの発音を参考にしてください。 ネイティブの間では頻繁に使用されるので知っておくととても役に立つ表現です。 特に若い世代でちょっとかっこつけたい時には「chill out」がぴったりなのです。これを機にぜひ「chill out」をマスターしてください。

chill out(チルアウト)の意味は「リラックスする、落ち着く」

「chill out」は「リラックスする、落ち着く」という意味で使われます。日本語でも「チルする」と言うことがありますね。「chill-out music」というゆったりとした、リラックスを目的とする音楽のジャンル名としても有名な言葉です。 「Let's chill out.」と言うと、「一緒にリラックスしよう」、つまり「ダラダラしよう、街をブラブラしよう」という遊びに誘う表現になります。 また、会話の相手が怒っていたり焦っている場合には「Chill out.」「落ち着いて」とたしなめるために使ったりもします。

chill(チル) だけでもchill out(チルアウト)と同じ意味

「chill」単体でも「chill out」と同じ意味で使うことができます。「chill」は「リラックスする、落ち着く」という意味の自動詞です。 ネイティブは「How are you?」と調子を聞かれた時に、仲の良い友達どうしだと「I'm chilling.」というように「リラックスしてる」、つまり「まあまあだよ」というように答えたりします。 「What are you doing now?」と、何をしているのかと聞かれた時に「I'm just chillin'.」と、「特に何も」「ダラダラしてるよ」と答えることもあります。

chill out(チルアウト)の使い方と例文

(画像:Unsplash

「chill out」は焦らず急がず、落ち着いた状態を表すのにぴったりのフレーズですが、どんな使い方ができるのでしょうか。 ここでは「chill out」の使い方を例文と一緒に説明します。会話でよく使われる表現なので、例文を覚えると実際にネイティブと会話する時に役立つこと間違いなしです。