ステレオタイプの対義語って?

(画像:Unsplash

ステレオタイプの対義語も確認しておきましょう。 monaural(モノラル) という言葉です。 この言葉の意味は他人に頼らずに、偏りのない知識を身につける人のことを指します。 このタイプは周囲に頑固と受け取られがちですが、その視野には広い柔軟性を備えています。 そのため「ステレオタイプ」の人とは、話があまり合いません。

ステレオタイプって英語で何ていうの?

(画像:Unsplash

ステレオタイプって英語で何て書くのでしょうか? ここで確認しておきましょう。 Stereotype 読み方通りのスペルであるので、比較的書きやすいと思いますよ。

ステレオタイプのメリットを紹介!

(画像:Unsplash

ステレオタイプの人にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 「ステレオタイプ」には凝り固まった考えが含まれますが、もちろんメリットもあります。 その長所をまとめてみました。

決断や考えることが少なくて済む

ステレオタイプのメリットは決断や考えることが少なくて済むという点です。 それはつまり考える労力を省けるということです。 ただこのことが良いケースと悪いケースがあるという事は言わなくとも分かる事だと思います。 例えば、その地域に伝わる風習などは年長者に従う方が吉です。 反対に重要な会議などで意見を求められた場合に、「ステレオタイプ」の考え方はあまりよくありません。 「決断」というフェーズはとても心に負担をかけるものです。このことを他人の意見に合わせて流されることに関してはストレスをかけない意味においては最大限の効果を発揮します。