ステレオタイプについてわかりやすく解説します!ステレオタイプの意味、使い方の例、語源や類語、対義語、さらに社会的な問題点まで紹介します!

ビジネス用語

2019年3月13日

ステレオタイプという言葉をご存知ですか?ステレオタイプとは多くの人が周知の事実としている感覚のことです。その行動や思想が固定的であり、新しいことをしようとはしないことをさします。ステレオタイプの人にはメリット、デメリットなどありさらに社会問題を引き起こしもします。ステレオタイプの人にはあるわかりやすい特徴があります!今回の記事で紹介していますのでぜひご一読ください!

ステレオタイプってどういう意味?

「ステレオタイプ」という言葉をあなたは聞いたことがありますか? 知らない方も意外と多いかもしれません。 「ステレオ」だけのワードの方が聞き馴染みがあるかもしれませんね。 ステレオタイプとは多くの人が周知の事実としている感覚のことです。 その行動や思想が固定的であり、新しいことをしようとはしません。 そのため、斬新な事やいわゆる「改革」と呼ばれることを嫌います。 昔ながらの規則や風習を好み、そのレールがあると判断した時点で、自らの思考を停止させてしまいます。 ただよく言えば、昔ながらの伝統を重んじる思想の人のことのを示します。 この事から分かるように、「ステレオタイプ」の人間は年配の方に多いです。 このことから分かるように、一概に「ステレオタイプ」な人間は悪いという訳ではありません。 ある集団や世間の型にはまっているというだけです。 そのため若者と「ステレオタイプ」の人が考え方の相違で衝突するケースが多く、ビジネスの上下関係においてよく問題になっています。 今回は「ステレオタイプ」に関して詳しく見ていきましょう。

ステレオタイプの語源って?

このステレオタイプの語源はどこから来たのでしょうか? その答えは印刷の際に用いられる鉛版にあります。 通常、新聞や辞書などを印刷する際に用いられる型番の事からきています。 同じことを永遠に印刷し続ける鉛版。 このことから「ステレオタイプ」の意味として、紋切型や型にはまったイメージという風に意味合いが広まっていきます。 そのような語源から「型にはまり切って目新しいことをしない人」をステレオタイプな人と呼ばれるようになっていきました。 思考に関しても、同様の意味であります。 共通して言えることは、型にはまったまま思考を停止してしまうという考え方です。

ステレオタイプの使い方の例を紹介!

ここでステレオタイプの使い方の例を紹介していこうと思います。 有名な一文があります。 自分の若い時代をふり返って、現在を批判するのはステレオタイプだ。 五木寛之『風に吹かれて』より引用 このように凝り固まった考えを示し合わせて使用されます。 この文章はその事を明確に表している素晴らしい例文です。

ステレオタイプの類語って?

ここでステレオタイプの類語もご紹介しておきましょう。 最も代表的な類語は 固定観念 になります。 凝り固まった考えや思想を表すのに最適な表現方法ですね。 固定観念はポジティブな意味でも使われることもありますが、ネガティブな意味として多用されています。 先入観 ・ 型通り ・ 既成観念 ・ 先入観 ・  ワンパターン ・ 画一的 ・ 典型的 ・ 型のごとく ・ 一本調子 ・ 代わり映えしない 他には以上のような単語たちがあります。 このように変化を嫌い、旧来と同じ様式と全く同じようにする言葉がずらりと並ぶ形になっています。

ステレオタイプの対義語って?

ステレオタイプの対義語も確認しておきましょう。 monaural(モノラル) という言葉です。 この言葉の意味は他人に頼らずに、偏りのない知識を身につける人のことを指します。 このタイプは周囲に頑固と受け取られがちですが、その視野には広い柔軟性を備えています。 そのため「ステレオタイプ」の人とは、話があまり合いません。

ステレオタイプって英語で何ていうの?

ステレオタイプって英語で何て書くのでしょうか? ここで確認しておきましょう。 Stereotype 読み方通りのスペルであるので、比較的書きやすいと思いますよ。

ステレオタイプのメリットを紹介!

ステレオタイプの人にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 「ステレオタイプ」には凝り固まった考えが含まれますが、もちろんメリットもあります。 その長所をまとめてみました。

決断や考えることが少なくて済む

ステレオタイプのメリットは決断や考えることが少なくて済むという点です。 それはつまり考える労力を省けるということです。 ただこのことが良いケースと悪いケースがあるという事は言わなくとも分かる事だと思います。 例えば、その地域に伝わる風習などは年長者に従う方が吉です。 反対に重要な会議などで意見を求められた場合に、「ステレオタイプ」の考え方はあまりよくありません。 「決断」というフェーズはとても心に負担をかけるものです。このことを他人の意見に合わせて流されることに関してはストレスをかけない意味においては最大限の効果を発揮します。

ステレオタイプのデメリットを紹介!

一方でステレオタイプな考え方には良くない点も、もちろん含まれています。 昔ながらの年長を敬い、その考えは絶対である。 その事自体は悪いことではありませんが、「ステレオタイプ」な考えはこのようにして受け継がれてしまいます。 日本の悪しき風習と呼ばれている一因がここにあるかもしれません。 そのことに関して、詳しく見てきましょう。

個性などが消えてしまう

ステレオタイプな人は、決断や考えることをあまりしようとしません。 その中の手段の一つに、世間の大衆意見の同調があります。 この事を繰り返すと、個人的な意見がなくなっていきます。 その結果、個性が消え去ってしまうというわけです。 そしてその同じような考えを繰り返す事は、あなたから特徴を削り取ってしまいます。 ステレオタイプな思考に染まってしまって、一番の悪いことは、自分の想いを考えること自体やめてしまうことです。 型にはまった考えをする際には、自らの想いをしっかりとくみ取った上でどのように行動するか判断するようにして下さい。 ただ闇雲に型にはまった行動をして、個性を消してしまう事は、あなたの社会的存在価値を消滅させることになります。 十分に気を付けましょう。

ステレオタイプが及ぼす脅威

この「ステレオタイプ」の思想を持つ人が多い団体や集団は、ひどい停滞感に見舞われます。 そのグループの成長が止まってしまうからです。 その一番典型的な例は会社でしょう。 ステレオタイプな人は昔の当たり前であることに固執しています。 そしてその昔ながらの意見を尊重して、仕事を押し進めていこうとします。 しかし時代の流れは、残酷な程はやく流れています。 そのため「ステレオタイプ」の考えでは、現在のビジネスに適応できないケースが頻発しています。 そして厄介であるのは、このような考えを持つ人は職位が上の立場にある人が多いことであります。 年長者ほど、「ステレオタイプ」の思考に陥りがちです。 これは人生の経験から培われたものであり、致しの無いことかもしれません。 ですがこの位置関係のせいで、下の立場にあたる若い人の新しい斬新な意見は流されがちになります。 上の立場の人は「ステレオタイプ」な思考のため、この発想を無下にしてしまいがちです。 このように会社のビジネスモデル全体が「ステレオタイプ」の毒牙にかかる危険性を持っています。 特に日本の会社の場合、人材の流動性が低いので権力が特定の人に集中しやすいです。 その人物が「ステレオタイプ」な人間であった場合、会社全体に暗雲が立ち込めることは言うまでもないでしょう。

ステレオタイプが及ぼす社会的な問題点

「ステレオタイプ」が及ぼす社会的な問題点は、日本の少子高齢化問題が顕著です。 高齢の方の割合が増えると、どうしても「ステレオタイプ」な貞操観念が残りやすくなります。 そして下の若い世代が少子化のため、割合で言うと高齢者より低くなります。 そのため「ステレオタイプ」な思考は多数の意見によって正義とみなされがちです。 そしてこの「ステレオタイプ」の思考は、およそほとんどの事柄において悪影響をもたらします。 例えば、政策の一つをとってもそうです。 革新や今後のためによくしようというアイデアをよりも、現状維持の方に意見が傾いていきます。 変革が全てにおいて好結果をもたらすとは言いませんが、世の流れは動き続けています。 「ステレオタイプ」なままでは、過去に取り残されてしまう恐れがあります。 この危機を脱するためには、伝統や文化などの良い「ステレオタイプ」な思考以外は、しっかりと切り捨てていく勇気を持つことであります。 変化を好まない人は、知らぬうちに時代に取り残されていくのです。

ステレオタイプは日本人に多い?

そして日本という国は、「年功序列」を非常に重んじます。この事は素晴らしいことだと思います。 しかしこの年功序列という年長者の考えや思想を重んじることは「ステレオタイプ」の提案をすんなりと受け入れるという事と同じ意味になります。 特に体育会系と呼ばれるスポーツの中での上下関係は絶対的なものがあります。 この場合、上からの理不尽な要求も飲まざるを得ません。 最近では、この考えが問題視されて大分改善してきていますが、それでもまだまだ根強く残っている悪しき文化です。 一方で昔ながらの考え方は、もちろん素晴らしい考えも多くあります。 特に伝統文化と呼ばれるものは継承されるべきものであり、その当てはまった型をしっかりと受け継いでいく必要性があります。 ですがそのような立派な概念と同じくらい、旧時代のしがらみにとらわれた残念な発想が多くあります。 年長者を大事にする日本人はこの事に対して、「もっといい意見があります」とは決していう事が出来ずに、すんなりと受け入れてしまう傾向にあるのです。

ステレオタイプと偏見の違いって何?

ステレオタイプとよく同じような意味で比べられる言葉があります。 その言葉とは「偏見」です。 この2つの言葉の意味。 非常に似通っていますが、違いがあります。 ステレオタイプとは所属してる集団や社会の空間の中で、当然と思われている見方です。 型にはまった見方であり、その物事に関しては肯定的なものと否定的なものと両方あります。 一方で、偏見とはその感じの通り「偏った物事の見方」という意味です。 この偏見の場合は肯定や否定というベクトルの見方ではありません。 偏見とはあなたの経験や知識などから培ってきた見方で物事を評価するという意味です。 そのためステレオタイプは「ある社会や集団の中での型にはまった見方」になります。 一方で偏見は「その人が培ってきた経験から見た物事の捉え方」ということになります。 このように、個人的な見方のバイアスがかかると「偏見」になります。

ステレオタイプの人との付き合い方

ステレオタイプな人との付き合い方はどのような対処方法があるでしょうか? ビジネスの場において、上司にあたる人によく見かけることと思います。 そのような人とはどう接していけばよいのでしょうか? 3つの方法をご紹介していきます。

自分の意思の押しつけをしない

自分の意思の押しつけをしないことは非常に大事です。 「ステレオタイプ」の人は、基本的に考え方の軸がありません。ですが、ある社会や集団の当たり前という事を逆なでしてしまうと、異常なほどの反発を受けます。 そのため無難な話で、その場をごまかすことが大事になっていきます。

人は人、という考えを持つ

そしてステレオタイプな意見を持つ人を頭ごなしに否定しないようにしましょう。 人は人であり、あなたはあなたです。 特に年長の方の意見は非常に参考になる意見と「ステレオタイプ」な意見とで二極化しています。 参考に出来そうなアドバイスや意見だけ、すくい取るようにしましょう。

良いところを探してみる

そして「ステレオタイプ」な人の意見にもきっと良いところはあります。 それは日本の伝統や歴史など、古くからのしきたりを重んじるところです。 そのような古くからのマナーや文化などの「ステレオタイプ」な意見は非常に参考になることがあると思います。 ステレオタイプだけだというだけで、その人の事を何も見ずに、否定的に入ることは絶対に間違いであります。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 「ステレオタイプ」にはある型に当てはまった凝り固まった考えであります。 年長者に比較的に割合おおいと考えられます。 ある世間や集団の考えを非常に重んじるという考えは、日本の年功序列の制度にマッチしています。 そのため「ステレオタイプ」な考えが悪い意味で広がっている実態があります。 ただ「ステレオタイプ」な人でも、古くからの文化や風潮を重んじる傾向があります。 そのような人からは為になる意見になると思います。 上手く「ステレオタイプ」な人と付き合っていきましょうね。


関連記事