ステレオタイプってどういう意味?

(画像:Unsplash

「ステレオタイプ」という言葉をあなたは聞いたことがありますか? 知らない方も意外と多いかもしれません。 「ステレオ」だけのワードの方が聞き馴染みがあるかもしれませんね。 ステレオタイプとは多くの人が周知の事実としている感覚のことです。 その行動や思想が固定的であり、新しいことをしようとはしません。 そのため、斬新な事やいわゆる「改革」と呼ばれることを嫌います。 昔ながらの規則や風習を好み、そのレールがあると判断した時点で、自らの思考を停止させてしまいます。 ただよく言えば、昔ながらの伝統を重んじる思想の人のことのを示します。 この事から分かるように、「ステレオタイプ」の人間は年配の方に多いです。 このことから分かるように、一概に「ステレオタイプ」な人間は悪いという訳ではありません。 ある集団や世間の型にはまっているというだけです。 そのため若者と「ステレオタイプ」の人が考え方の相違で衝突するケースが多く、ビジネスの上下関係においてよく問題になっています。 今回は「ステレオタイプ」に関して詳しく見ていきましょう。

ステレオタイプの語源って?

(画像:Unsplash

このステレオタイプの語源はどこから来たのでしょうか? その答えは印刷の際に用いられる鉛版にあります。 通常、新聞や辞書などを印刷する際に用いられる型番の事からきています。 同じことを永遠に印刷し続ける鉛版。 このことから「ステレオタイプ」の意味として、紋切型や型にはまったイメージという風に意味合いが広まっていきます。 そのような語源から「型にはまり切って目新しいことをしない人」をステレオタイプな人と呼ばれるようになっていきました。 思考に関しても、同様の意味であります。 共通して言えることは、型にはまったまま思考を停止してしまうという考え方です。

ステレオタイプの使い方の例を紹介!

(画像:Unsplash

ここでステレオタイプの使い方の例を紹介していこうと思います。 有名な一文があります。 自分の若い時代をふり返って、現在を批判するのはステレオタイプだ。 五木寛之『風に吹かれて』より引用 このように凝り固まった考えを示し合わせて使用されます。 この文章はその事を明確に表している素晴らしい例文です。

ステレオタイプの類語って?

(画像:Unsplash

ここでステレオタイプの類語もご紹介しておきましょう。 最も代表的な類語は 固定観念 になります。 凝り固まった考えや思想を表すのに最適な表現方法ですね。 固定観念はポジティブな意味でも使われることもありますが、ネガティブな意味として多用されています。 先入観 ・ 型通り ・ 既成観念 ・ 先入観 ・  ワンパターン ・ 画一的 ・ 典型的 ・ 型のごとく ・ 一本調子 ・ 代わり映えしない 他には以上のような単語たちがあります。 このように変化を嫌い、旧来と同じ様式と全く同じようにする言葉がずらりと並ぶ形になっています。