仮想通貨業者のビットマスターが破産

ビットマスターは仮想通貨そのものを扱っている会社ではない

  • ビットマスター破産による負債額は109億円
  • 相場上昇による破産の信憑性は低い
  • ビットコインの今後

ビットマスターの負債額は109億円

今回の破産宣告により「ビットマスター」の負債額は109億円にも上るといわれています。しかし現在のところ負債額を弁償する方法は定かでありません。100億単位という大きな負債額は、吉田ゴルフが九州・沖縄地区においてゴルフ経営に失敗をした、166億円以来です。 100億円単位の負債となると、破産した側に支払い能力が残っていることはほとんどありません。 また、破産問題が出る前に「ビットマスター」の事務所は火事となっています。この火事により事務所の備品なども残っておらず、負債額の返済は絶望的と言えるでしょう。

債権者は2万2000人を超える

「ビットマスター」は、ビットコインのATMを取り扱う業者です。ATM本体とATMの利用者が出すマージンを、購入した人が得る権利を売却し、自社の利益としていました。またATMを管理する債権者は、他の債権者を探してATMを売り、そのATMから出たマージンを得られ仕組みともしていました。 しかし、今回の破産によって債権者は権利を失っています。また、債権者はほとんどマージンを受けていないという事実も発覚したのです。 つまり、今回の破産問題で被害を被った「ビットマスター」の関係者は、損をしたまま泣き寝入りする可能性が高いということになります。

相場上昇が破産の原因

「ビットマスター」は破産の原因を「相場上昇のために会員から預かっていたビットコインの調達が出来ないため」としています。しかし「ビットマスター」という会社は、ビットコインを直接取り扱う権利を持っていません。 そのため、預かったビットコインを自由に扱うことが出来ず、債権者に返還できないという事態にはそもそもなり得ません。 つまり「ビットマスター」は預かったビットコインを流用した可能性が高く、このことが世間では問題視されています。