「AFK」はネットスラングで「away from keybord」の略

(画像:Unsplash

オンラインゲームやオンラインチャットなどで「AFK」という単語が使われることがあります。「AFK」の意味を知らない人にとっては、何のことかさっぱりわからず、戸惑ってしまうでしょう。 この「AFK」とは「away from keybord」の略です。トイレや買い物などの用事で、パソコンの前からしばらく離れることを、「away from keybord(キーボードから離れる)」として「AFK」と表しています。 スマホやタブレットなど、キーボードを使わずにゲームやチャットをしている場合でも「AFK」は使われ、「しばらくの間参加できない」という意思表示をすることができます。

「AFK」の意味は「席を外す」

「AFK」は日本語に訳すと「席を外す」「離席中」という意味です。「離席」は会社などでも頻繁に使われる言葉で、「外出している」「休憩に行っている」などの理由で、その人が「席にいない」ということを表します。 インターネットを介したオンライン状態では、相手の様子を見ることができません。相手に何も告げずに席を外してしまうと、急にキャラクターが停止したり、会話が無言になったりと、相手を戸惑わせてしまいます。 そのため離席をする場合はその旨伝える必要があり、そこで使われるのが「AFK」です。 「AFK」は、比較的短時間の離席という認識が一般的で、トイレや買い物、ちょっとした休憩などの際に使われます。 「AFK」を使うのに、特に「何分以内」などのルールはありませんが、おおよそで数分~1時間程度が一般的なようです。 「AFK」は元の言葉が「away from keybord」と英語なので、オンラインゲームやオンラインチャットの相手が外国人でも、意味が通じやすくネットスラングとして広く認識されています。 相手が日本人の場合は「離席します」などでも問題ありませんが、「AFK」の方がキーボードで入力しやすいというメリットもあります。

「AFK」の読み方は「エーエフケー」「アフク」「アフケ」

「AKF」は、基本的には書き言葉なので、読み方がわからないという方も多いでしょう。 「AFK」は「エーエフケー」「アフク」「アフケ」など、さまざまな読み方が存在します。特にどれが正解で、どれが間違いということもありません。 相手が外国人の場合は「エーエフケー」、日本人同士であれば「アフク」「アフケ」と読むことが多いでしょう。 また、「アフク」「アフケ」については、ひらがなで「あふく」「あふけ」と書くこともあります。 また、「AFK」と同じ意味で「あふけしてた」「あふくする」など、日本語ならではのスラングとして使われる場合もあるようです。

「AFK」の使い方と例文

(画像:Unsplash

「AFK」は相手に伝えて初めて意味がある言葉です。そのため、相手に伝わる使い方をする必要があります。 相手が日本人の場合は「ちょっとAFKします」「AFKするね」または「AFK」とだけ書いて使うこともあります。 相手が外国人の場合は、「AFK」の前後も英語で書かなければ伝わらない可能性があるので、以下の例文で確認しておいてください。 ・「I’ll be AFK for 30 mins」 (30分ほど席を外します) ・「I was AFK sorry」 (ごめんなさい、離席していました) ・「She is AFK now」 (彼女は今離席しています)