今後変わる可能性も

フリーランスについても当初は除外する意向だったものの多くの批判を受けて対象となっている様に、休業補償は二転三転しているため今後変わる可能性もあります。 また会社として休業をするとなった場合は支払い対象となりますが、労働者自身が発熱などにより自主的に休んだ場合は支払いの対象にはならないなど支給要件については全てが対象となる訳ではないという点も押さえておく必要があります。