「一線を画す」の使い方と例文

(画像:Unsplash

それでは、実際どのようなシーンで「一線を画す」を使用するのが適切なのでしょうか。 ビジネスの場面でも非常によく使われる重要な慣用句ですので、使い方を理解しておけば後々必ず役に立つはずです。

「一線を画す」の使い方

「一線を画す」の使い方は、3通りあります。 一つ目が特に優劣をつけずにAとBに境界線を引き、全く異なったものであることを表現する場合に使います。 二つ目があるものが際立って「斬新」「個性的」であるなど、一般的なものと異なった個性があることを強調する場合です。 最後に「心に隔たりがあり決して協調しない」場合です。 一見同じように感じますが、使い方も異なり意味合いも大きく異なりますので注意しましょう。

「一線を画す」の例文

・部長と私のアイデアは「一線を画す」。 ・プロとアマチュアは「一線を画す」ものである。 特に優劣をつけずにAとBに境界線を引き、全く異なったものであることを表現する場合に使う表現方法です。 ・この独創的かつ個性的なデザインは、明らかに他の作品とは「一線を画す」ものとなっている。 ・他企業とは「一線を画す」ような、斬新なアイデアを提供しなければ勝ち目はないだろう。 ・彼のピアノの演奏は明らかに他とは「一線を画す」ものである。 これは際立って「斬新」「個性的」であるなど、一般的なものと異なった個性があることを強調する場合に使います。 ・不良グループとは「一線を画し」て行動をとるようにしている。 こちらは、心に隔たりがあり決して協調しない時に使う表現で、意図的に協調せずに「あえて避けている」ことが分かる文章です。

「一線を画す」の類語と対義語

(画像:Unsplash

類義語と対義語を知ることは、「一線を画す」という慣用句を理解し正しく利用するために有効です。