「一線を画す」の読み方、意味、由来

(画像:Unsplash

一線を画す」の意味の説明や、この言葉の正しい使い方をご紹介いたします。 「一線を画す」はとてもシンプルで使いやすい慣用句のため、使い方を理解すれば非常にビジネスシーンでも役に立つので身につけましょう。

「一線を画す」の読み方は「いっせんをかくす」

「一線を画す」は「いっせんをかくす」と読みます。 「いっせんをがす」と読む人をたびたび見かけますが、これは間違いです。 また「一線を画す」は「一線を画する」と書くこともあります。どちらも間違っていませんがりませんが、「一線を画す」の使用頻度が高く、より一般的でしょう。

「一線を画す」の意味は「違いが明確である、もしくは違いを明確にする」

「一線を画す」とは端的に言うと「違いが明確である、もしくは違いを明確にする」という意味になります。 「他の一般的なものとは、明らかに違う個性がある」時に、その個性を強調したい場合に使用されることもあります。 「一線を画す」は、相手と分かり合えないような、心に隔たりがあり共調できない場合などにも使用されます。この場合は否定的な意味合いになりますので注意しましょう。

「一線を画す」の由来と語源

「一線を画す」は、「線を引いて区別をつける」という言葉が語源となり生まれた言葉です。 この言葉を分解して意味を見てみると、「一線」は「1つの長い線」、「画す」は、「線を引く」となります。そこから「一線を画す」という言葉になりました。