クリティカルとは

クリティカル

クリティカル(画像:Unsplash

ビジネスシーンで「クリティカル」という言葉は頻繁に使われますが1つの単語に全く異なる意味があるのでどの意味で使わているかを文脈から判断する必要があります。 ここではその意味と英語圏での「Critical」の使い方について例文も交えて説明します。

クリティカルの基本の意味は「批判的、重大な」

「クリティカル」には「批判的、重大な」という全く異なる2つの意味があります。 ・新しい事業計画をクリティカルに評価して再考しよう。 ・資金不足はすぐに解決すべきクリティカルな問題だ。 1つ目は「批判的」、2つ目では「重大な」という意味で使われていますが、それぞれ前後の文脈からどちらの意味で使われているかが判断できます。 ビジネスシーンでは頻繁に聞く単語なので、意味の取り違いがないように注意が必要です。

クリティカルの英語は「critical」

「critical」は「批判的な、批評の、危機的な、重大な」という意味がありますが、日本で使う場合と全く同じ意味になります。 ・We have to solve this critical problem. (私たちはこの重大な問題を解決する必要がある。) ・Review your idea with a critical attitude. (あなたのアイデアを批判的に見直してみてください。) 上記のように「Critical」がどちらの意味で使われているか注意して聞き取ってください。

ビジネス用語としてのクリティカルの使い方と例文

ビジネス

ビジネス(画像:Unsplash

「クリティカル」という言葉は単体でも使われますが、他の単語と組み合わせて様々な概念を表す言葉になります。 ここでは「クリティカル」を含む、ビジネスシーンでよく見る4つの単語について例文を交えて説明します。