サイバーエージェントがプロレス団体ノアを買収した理由

IT大手のサイバーエージェントは過去にもプロレス団体「DDT」を買収しており、今回のプロレス団体「ノア」を傘下におくことで、同社が運営するAbemaTVのコンテンツを充実させる考えです。

サイバーエージェントは2017年にプロレス団体のDDTを買収

サイバーエージェントは2017年にもプロレス団体DDTを買収しています。プロレス団体DDTは1997年に旗揚げされ、息の長い活動を続けています。 サイバーエージェントはDDTを買収することによって、その魅力を最大化し同社グループとのシナジーに期待しています。 DDTにとっても経営面の負担が軽減され、またメディアへの露出を増やすことができるメリットがあり、互いの目指す方向が一致したことでグループ入りの合意に至っています。

AbemaTVとのシナジー

2000年8月に旗揚げしたノアは、魅力あるレスラーと激しい試合がファンに支持されてきましたが、長く経営難に苦しんできました。 サイバーエージェントは、幅広いファンを持つプロレスをインターネットテレビ局 AbemaTVで放送し、幅広い層の視聴者を獲得することを狙っている模様です。 AbemaTVはオリジナルのニュースやバラエティーなど多彩な番組を放送しており、今後はプロレス番組を充実させファンの獲得を図る考えです。