世耕弘成議員が報道ステーションの報道を批判

世耕弘成議員が報道ステーションの報道を批判

  • 世耕議員の桜の会発言を切り取り報道したテレビ朝日が謝罪・繰り返される切り取り報道
  • 桜田元五輪相の「がっかり」はメディアの切り取り・NHKも切り取り報道をしている疑い
  • 「報道しない自由」をうたってマスコミは都合のよい報道を続けている

世耕弘成(せこうひろしげ)参議院議員自民党幹事長は自身のツイッターで、12月10日にテレビ朝日のニュース番組で伝えられた自身の発言が、テレビ局側の都合のいいように編集された印象操作だとして抗議しました。 テレビ朝日は、番組の内容が視聴者に誤解を招いたとして、同11日にテレビ朝日報道局長が幹事長室に来訪し謝罪しました。

批判された報道ステーションの切り取り

世耕弘成議員は、定例の記者会見で「桜を見る会」についての記者の質問に答え「総理は丁寧に説明した」と発言し、また会見終了後に「よいお年を」と笑いながら記者らと雑談を交わし退席していきました。 その2つの場面を切り取って、「桜を見る会騒動はもう終わった」と世耕弘成議員が認識しているかのような報道がなされました。 <世耕大臣の該当ツイートはこちら>

報道ステーションは翌日謝罪

世耕弘成議員の怒りは収まらず、自身のツイッター当該の動画をアップしました。この批判に対しテレビ朝日側も直ぐに対応し、報道の翌日にテレビ朝日報道局長が直々に幹事長室を来訪して謝罪しました上で、放送内で訂正すると約束しました。 世耕弘成議員はツイッターでこの件に触れ、「放送内容を見て、謝罪を受け入れるか検討する」とし結論を保留しました。 この様なニュース番組の印象操作は度々問題なっており、特に国会議員の言動に多く見られます。今回の様に迅速に謝罪し、しかも報道局のトップが直接謝罪するのは異例のことです。

今までにもあったマスコミの切り取り報道

マスコミの切り取りで目立つのは国会議員のインタビューで見られる所謂「かこみ取材」です。 これは正式な会見ではなく立ち話しの状態で記者に囲まれて取材を受けるのですが、ここでの発言が切り取られ問題になったケースも少なくありません。その例を紹介します。