「烏合の衆」の要点

  • 意味:「鳥の群れのように統一も規律もなく寄り集まった群衆」
  • 由来:「中国の後漢朝について書かれた『後漢書』という歴史書」
  • 例文:「公道に烏合の衆がいたせいで、車を思うように進められない。」
  • 類語:「有象無象」
  • 対義語:「一致団結」
  • 英語:「disorderly crowd」

烏合の衆(うごうのしゅう)の意味は「鳥の群れのように統一も規律もなく寄り集まった群衆」

烏合の衆

烏合の衆(画像:Unsplash

「烏合の衆」という言葉は時々耳にする言葉の一つですが、この記事ではこの言葉の正しい読み方・意味・使い方や例文について紹介していきます。 「烏合の衆」は「うごうのしゅう」と読みます。この言葉で使われている漢字の読み方は、「烏」は「ウ」「オ」「からす」、「合」は「ゴウ」「あう」「あわせる」、「衆」は「シュウ」「もろもろ」と読む漢字です。「烏」は日常的に使う言葉ではないですが、動物のカラスのことなので簡単に覚えられます。 意味は「鳥の群れのように統一も規律もなく寄り集まった群衆」という意味です。

烏合の衆の由来は後漢書

烏合の衆の由来

烏合の衆の由来(画像:Unsplash

「烏合の衆」という言葉は、字面からは意味が想像しづらい言葉です。「烏合の衆」は故事成語なので、由来になった出来事を確認しておきましょう。 「烏合の衆」の由来は、中国の後漢朝について書かれた『後漢書』という歴史書の中にあります。「烏合」は「カラスの集団」のことですが、この歴史書の中ではカラスは集団になって集まっても、ただ鳴きわめくだけで規律や統率性がないため、「ただ集まっただけの群衆」という意味になりました。 この意味の成り立ちをしっかりお覚えておきましょう。

烏合の衆でよくある間違い

烏合の衆でよくある間違い

烏合の衆でよくある間違い(画像:Unsplash

「烏合の衆」は「統一も規律もなく寄り集まった群衆」という意味でした。先述した『後漢書』の内容も合わせて覚えておきましょう。 次は「烏合の衆」という言葉を使う時に間違えがちな2つの内容について説明します。これから「烏合の衆」を使う時に同じ間違いをしないように、この見出しについてもよく読んでください。