豊田商事事件とは

1分でわかる豊田商事事件

  • 高齢者に対して金の証券を販売した詐欺事件
  • 被害総額は2000億円を超える
  • 豊田商事の会長の永野一男は殺害された

「豊田商事事件」は1980年代前半に発生した詐欺事件です。豊田商事株式会社は悪徳商法による組織的詐欺を行い、多大な被害を及ぼしました。 ここでは、豊田商事が具体的にどのような詐欺を行ったのか、またどのくらいの被害の及ぼしたのかについて、解説していきます。

現物まがい商法を用いた詐欺事件

豊田商事が用いた詐欺手法は「現物まがい商法」です。「ペーパー商法」「オーナー商法」とも言われています。 「現物まがい商法」とは、顧客に商品を売りつけても、顧客がその商品の購入額以上の利益を得られるように商品の運用・管理を行うとして、現物は渡さず、証券等を交付する商法のことを言います。 豊田商事は高齢者を中心にして地金(金の塊)の所有権を売りつけましたが、実際に顧客に地金を渡すことはありませんでした。

被害総額は2000億円を超える

現物まがい商法を用いて、豊田商事は多くの人から金を騙し取りました。 被害は総額にして2000億円を超えると言われています。この金額は、2019年までに起こった詐欺事件としては日本最大規模です。 詐欺の被害者は全国で数万人にのぼりました。特に独居老人などの高齢者が騙されて大金を奪われ、老後のための貯金を失いました。