アクティビティモニタの使い方

(画像:Unsplash

Macのアクティビティモニタを起動させることができたので、続いては使い方をマスターしましょう。 アクティビティモニタを使ってアプリケーションを強制終了する方法、CPUやメモリの使用状況の確認方法について説明します。この2つができるとPCの状態を管理しやすくなるので、ぜひ試してみてください。

使い方①強制終了のやり方

まずは、アクティビティモニタを使用したアプリケーションの強制終了のやり方を説明します。 前述した方法でアクティビティモニタを起動し、「エネルギー」のタブをクリックしてください。現在動いているアプリケーションを一覧で見ることができます。強制終了したいアイコンを選択し、左上の「i」マークの隣にある「×印」をクリックしてください。 「このプロセスを終了してもよろしいですか」というポップアップが出てくるので、「強制終了」をクリックします。この一連の作業でアプリケーションを強制終了することができます。

使い方②CPUやメモリの使用状況の確認のやり方

続いて、アクティビティモニタを使用してCPUやメモリの使用状況の確認のやり方について説明します。 アクティビティモニタを起動すると、「CPU」「メモリ」などのタブが表示されます。「CPU」のタブをクリックすると、それぞれのアプリケーションがCPUの何%を使用しているのか、CPUの使用時間はどれくらいなのか、などを確認することができます。 「メモリ」タブでも同様にそれぞれのアプリケーションが使用しているメモリを確認できます。「CPU負荷」「メモリプレッシャー」が画面下部で可視化されているので、使用状況のチェックに役立ててください。

強制終了のショートカットキー

アクティビティモニタを使用してアプリケーションを強制終了する方法を前述しましたが、強制終了はショートカットキーで実行することもできます。 強制終了のショートカットキーは「command」+「option」+「esc」です。デスクトップ左上のりんごマークの中にある「強制終了」のタブをクリックした時と同様に、起動中のアプリケーションの一覧が表示されます。 一覧の中から強制終了したいアプリケーションを選択し、左下の「強制終了」をクリックします。ショートカットキーを覚えておくと何かと便利なので、ぜひ使用してみてください。