アクティビティモニタの起動方法

(画像:Unsplash

続いては、Macにおけるアクティビティモニタの起動方法について説明します。 「ユーティリティから起動する」「Launchpadから起動する」「Spotlightから起動する」という3つの方法があるので、最もやりやすい方法でアクティビティモニタを起動してください。

起動方法①ユーティリティから起動する

アクティビティモニタは「ユーティリティ」から起動することができます。 「ユーティリティ」フォルダは、Finderの左側の「よく使う項目」に表示されている「アプリケーション」の中にあります。 「ユーティリティ」フォルダを開くと、さまざまなアプリケーションのアイコンが表示されます。デフォルトの場合、上から3行目にアクティビティモニタのアイコンが置かれているので、このアイコンをクリックするとアクティビティモニタが起動します。

起動方法②Launchpadから起動する

アクティビティモニタはLaunchpadから起動することもできます。 まずは画面下に常に表示されている「Dock」にあるロケットのアイコン、「Launchpad」をクリックしましょう。すると、Macにインストールされているアプリケーションが表示されます。 Launchpadの中に「その他」としていくつかのアプリケーションが一括りにされており、その1つとしてアクティビティモニタのアイコンが収納されています。モニターのアイコンをクリックすると、アクティビティモニタが起動します。

起動方法③Spotlightから起動する

「Spotlight」からアクティビティモニタを起動することも可能です。Spotlightの使用方法は2つあります。 まず1つ目は、デスクトップ画面の右上にある虫眼鏡のマークから検索する方法です。虫眼鏡のマークをクリックすると、「Spotlight」と書かれた検索窓が画面中央左寄りに表示されます。検索窓に「アクティビティモニタ」と入力するとアイコンが表示されるので、そのアイコンをクリックしましょう。 2つ目は、「command」+「スペース」のショートカットキーでSpotlightを呼び起こす方法です。「command」と「スペース」キーを同時に押すとSpotlightの検索窓が現れます。あとは、同様に「アクティビティモニタ」と検索して起動することができます。