1分でわかる警察庁長官狙撃事件

警察庁長官狙撃事件

  • 1995年に発生した警視庁長官を狙った狙撃事件
  • オウム犯行説が有力も逮捕・起訴に至らず
  • 2010年に殺人未遂の公訴時効成立

警察庁長官狙撃事件の概要

(画像:Unsplash

事件は1995年3月30日8時30分ごろ、東京都荒川区にある警察庁長官の自宅マンション前で起こりました。 警察庁長官が路上に出たところ黒っぽいキャップにレインコート、マスクといった風貌の男にピストルで発砲され腹部に3発の銃弾が命中します。 犯人はJR南千住駅方面に逃走するところを近隣住民に目撃されてますが、その後の足取りは全くつかめませんでした。

1995年に起きた狙撃事件

この事件は1995年3月30日8時30分ごろ、警察庁長官が自宅マンションを出たところで男にピストルで腹部を撃たれるといった狙撃事件でした。 警視庁長官の身分は全国の警察を統括する警察組織のトップに位置付けられる存在であることが、警察法第16条第2項には規定されています。 すなわち、警視庁長官をターゲットにすることは警察組織に対する冒とく・挑戦であり、犯人はそのことを狙ったのではないかとも推測されます。

被害者は國松孝次警察庁長官

狙撃事件の被害者は國松孝次警察庁長官で、犯人が発砲した4発の銃弾のうち3発が腹部に命中し全治1年6か月の重傷を負いました。 國松孝次氏は東京大学法学部を卒業後、警察庁に入庁したエリート中のエリートとして知られています。 警視庁広報課長時代には、日本中を震撼させた浅間山荘事件を担当するなどの輝かしい経歴を持っており、まさに警察庁長官になるべくしてなった人物です。 事件当時、警察当局はオウム真理教との攻防の真っ只中にあり、國松孝次警察庁長官は教団と真っ向から対峙する関係にありました。