「interact」の意味と語源

(画像:Unsplash

「interact」は、最近ではビジネスシーンでよく使われる言葉です。なんとなく意味をわかっていながらも、きちんと使い方を調べたことはない方がほとんどでしょう。 ここでは「interact」の意味や使い方について説明します。「interact」を正しく使うことができると、人とコミュニケーションをとる様子を的確に表すことができるようになります。 まずは、「interact」の意味と語源を見てみましょう。

「interact」の意味は「交流する」「相互作用する」

「interact」は「交流する」「相互作用する」を意味します。一方的な発信ではなく、お互いに働きかけ、影響しあうニュアンスを含んでいます。 ・She wanted her dog to interact with her children. (彼女は自分の犬と子どもたちを交流させたかった。) 「interact」の形容詞「interactive」は「相互作用する」という意味です。最近では、デジタルプロモーションなど人の動きに反応する仕組みに対して「インタラクティブ」という表現が日本語でも使われます。広告やIT系のビジネスマンなら知っておきたい言葉の1つです。

「interact」の語源

「interact」は「inter」と「act」の語源に分けられます。「inter」は間の、「act」は「行動する」を意味します。「人々の間で何かをする」ということから「交流する」「相互作用する」のような使い方をするようになりました。 このように語源を見ることで単語の成り立ちを把握することができ、単語本来のニュアンスを理解することができます。

「interact」は「with」と合わせて覚える

(画像:Unsplash

「interact」は自動詞なので、「interact」のすぐ後ろに目的語となる名詞を置くことができません。そのため、「interact with〜」で「〜と交流する」という熟語として覚えてしまいましょう。 ・I don't interact with people much. (私は人とあまり関わらない。) ・Students can occasionally view lectures and interact with professors. (生徒は時々講義を見て教授と交流することができる。) 「interact with」の後には関わる対象を置きます。大体の場合は人が対象になりますが、「interact with nature」で「自然に触れ合う」という言い方もできます。