岩崎隆一容疑者は犯行後自殺

岩崎隆一容疑者は犯行後すぐに自殺しています。両手に柳葉包丁を持ち駆け足で立て続けに児童らを襲った後、数十メートル移動したところで自ら首を切ってしまいました。 警察が確保したときにはすでに意識がなかったため話を聞くこともできず、病院に搬送されましたがその日のうちに死亡が確認されています。

動機は不明

岩崎隆一容疑者は犯行前周囲に襲撃について話すことはなく、襲撃後亡くなってしまったために動機は不明なままです。 しかし凶器を用意し下見をするといった襲撃前の容疑者のとっていた行動から、計画的に児童らを狙った可能性が高いとされています。