悼むの類語とそれぞれの違い「弔意・哀悼・追悼」

類語とそれぞれの違い

類語とそれぞれの違い(画像:Unsplash

ここからは「悼む」という言葉と類似する表現について紹介していきます。どれも意味は似ていますが、それぞれ少しずつニュアンスが異なりますので、正しく使えるように意味を理解しておきましょう。 単純に「悼む」と言った場合との違いも説明していますので、この見出しでしっかりと理解を深めておいて下さい。

悼むと「弔意を表す」の違い

「弔意を表す(ちょういをあらわす)」とは、「人の死を悼み悲しんでいることを表現する」という意味です。 「弔意」という言葉は「人の死を悲しむこと」という意味なので「悼む」と同義語になります。これに「表す」がつくことで、「悲しみを表現する」という意味になります。 「人の死を悲しむ」という「感情」について話しているのか、「悲しみを表現する」という「行為」を表しているのかの違いに注意しましょう。

悼むと「哀悼の意を表す」の違い

「哀悼の意を表す(あいとうのいをひょうす)」も「人の死を悼み悲しんでいることを表現する」となり「弔意を表す」と同じ意味になります。 「哀悼」も「哀悼の意」も、「人の死を悲しんでいる気持ち」で意味は変わりません。そこに「表す」を加えることで「人の死を悲しんでいる気持ちを表現する」となります。 また「哀悼の意を表す」と「弔意を表す」はどちらも書き言葉なので、会話の中では使いません。

悼むと「追悼の意を表す」の違い

まず、「追悼の意を表す」という日本語表現は間違っています。 「追悼」とは「人の死の悲しみを表現すること」という意味で、言葉の中に悲しみを「表現する」という「行為」が含まれています。そのため、正しい使い方は「追悼する」となります。 また、「追悼式」は「関係者が集まって故人を思う気持ちを表す式」なので、「哀しいという感情」である「哀悼」を使って「哀悼式」ということはありません。