1分でわかる永山則夫連続射殺事件

永山則夫連続射殺事件

  • 犯行当時19歳の少年が起こした連続射殺事件、少年には死刑が言い渡された
  • 永山少年は幼いころ劣悪な家庭環境で育ち、それが事件の要因とされている
  • この事件の裁判で最高裁が示した「永山基準」が後の死刑適用の基準となった

「永山則夫連続射殺事件」をご存じでしょうか。この事件の犯人は犯行当時19歳の少年でした。拳銃による連続殺人で4人の死者を出し犯人は死刑となりましたが、最高裁での判決がのちに「永山基準」として死刑判決の基準とされる有名な判決になります。 それでは事件の概要から見ていきましょう。

永山則夫連続射殺事件の概要

「永山則夫連続射殺事件」は半世紀以上も前に起こった殺人事件です。犯人は犯行時少年で4人を殺害しました。 しかし「永山基準」の犯人が当時少年であったということは世間ではあまり知られていません。むしろこの事件のポイントは別のところにあります。では、「永山則夫連続射殺事件」について見てみましょう。

1968年に起きた殺人事件

「永山則夫連続射殺事件」が起きたのは1968年です。1968年の日本は高度経済成長期の真っただ中でした。 この年日本のGNP(国民総生産)はアメリカについで第2位となり、郵便番号制度の実施、大気汚染防止法や騒音規制法が施行されたのもこの年です。 また犯罪史に名を残す三億円強奪事件が起きました。この頃男性の長髪やミニスカートが流行しており、「永山則夫連続射殺事件」はこういった時代に起こったのでした。

犯人は当時19歳の少年

犯行当時永山則夫は19歳の少年でした。少年法は当時からすでに存在しており、永山則夫は少年法による保護の対象であったわけです。 ただし少年法では18歳未満の少年には死刑が適用されないとされていますが、永山少年は19歳だったので、この保護の対象外でした。 実際被害者から見れば永山少年は死刑が適用されても致し方ない凶悪な犯罪を犯しました。しかし事件にはそれなりの背景もありました。次に永山則夫がどういう人間だったかをみてみます。