シナジーとは

(画像:Unsplash

シナジーは英語の「synergy」に由来するビジネス用語で、経営戦略におけるM&Aなどの目的を指す「相乗効果」という意味で用いられるケースが代表的な使い方です。

シナジーの意味は「相乗効果」

シナジーは「相乗効果」という意味で使われる場合、これは「一に一を加えて二」になるといった場合より、「一に一を加えて十にも百にもなる」といったニュアンスが含まれることがあります。 相乗効果の中に、波及効果をニュアンスとして含める場合、単に「シナジー」と表現する以外に「シナジー効果」とより効果を強調する表現を用います。 シナジーは自社にない経営資源、例えば人材や未参入の事業、製造から流通、そして販売までの一連のチャネルなどを手に入れることで、会社を次の発展につなげるエネルギーとなります。

シナジーは英語の「synergy」に由来する

シナジーは英語の「synergy」を元にして使われるようになった経緯があり、英語の「synergy」の意味には「相乗効果」以外に「共同作用」「共働」というものが含まれます。筋肉のように同質な筋肉繊維が一連で稼働する場合にも「synergy」という言葉を使うことができます。 「synergy」を「相乗効果」として用いる場合、プラスの「相乗効果」は勿論、マイナスの「相乗効果」の場合にも使うことができます。

シナジーの使い方と例文

(画像:Unsplash

シナジーの使い方を理解するために、ビジネスやその他の分野でどのような状況で使われているのかを、例文を使ってご紹介します。