所得税・住民税など税金の計算

年収300万円あったとしても、そこから所得税や住民税などの各種税金や保険料が差し引かれるため、実際に手にする金額は300万円より少なくなってしまいます。年収300万円の各種税金は、3つの計算式を順番に適用して算出します。 ・給与所得:年収-給与所得控除(収入×30%+18万円)=給与所得 ・課税所得:給与所得-各種控除(基礎控除、社会保険料控除など)=課税所得 ・所得税額(住民税額):課税所得×所得税率(住民税率)=所得税額(住民税額) おおまかな所得税、住民税は以下の早見表を参照してください。

年収所得税住民税
300万円7.7万円16.2万円
310万円8.1万円16.9万円
320万円8.4万円17.6万円
330万円8.8万円18.3万円
340万円9.1万円19.0万円
350万円9.5万円19.7万円
360万円9.9万円20.4万円
370万円10.7万円21.2万円
380万円11.5万円22.0万円
390万円12.3万円22.8万円

平均の貯金額は

総務省統計局の2018年度の発表によると、年収300万円台の世帯における貯金額の平均はおよそ700万円から750万円前後となっています。 年収300万円台と言っても年収300万円から年収390万円まで幅があるので、実像としては650万円から700万円ほどが平均の合計貯金額となるでしょう。 この平均貯金額はあくまでも2人以上世帯を対象とした調査結果のため、独身世帯の場合はまた結果が違ってきます。

無理なく貯金を増やすことは可能なのか

年収300万円は月々の手取りで言うと、約20万円ということになります。月収20万円の場合、1ヶ月に2~3万円程度の範囲であれば無理なく貯金をすることができるでしょう。 独身や既婚など世帯の個別事情によっても左右されますが、貯金していくことは不可能ではありません。 しかし、世帯を持つと年収300万円のみでやりくりし、かつ貯金することは厳しくなると言えます。