車椅子の天才・スティーヴンホーキング博士

スティーヴンホーキング博士とは

  • イギリスが生んだ天才理論物理学者
  • 死にたる病とされるALSに罹りながら理論物理学の分野で数々の成果を出す
  • 多くの名言があることでも有名

「スティーヴンホーキング」博士は天才理論物理学者です。イギリスに生を受けましたが、若い頃に難病であるALSを発症しました。 博士はALSで日常生活も困難になる中で一般相対性理論と量子力学を統合された量子重力論の確立に貢献し、ブラックホール関連などで多くの成果をあげています。博士はまた様々な名言も残しています。

【関連記事】科学の天才に関する記事はこちら

スティーヴンホーキング博士

アインシュタイン以来の天才ともいわれる「スティーヴンホーキング」博士ですが、その生い立ちはどのようなものだったのでしょうか。 必ずしも経済的に恵まれた家庭ではなかったようですが、両親とも学術には理解があったようです。博士の幼少期からALSを発症する青年期までの生い立ちを見ていきましょう。

生い立ち

「スティーヴンホーキング」博士は1942年イギリスで経済的には裕福ではないが学識のある両親のもとに生まれました。 「スティーヴンホーキング」博士の両親はロンドンで生活していましたが、当時は第二次世界大戦中でロンドンの治安は最悪であり、母親は田舎に疎開して「スティーヴンホーキング」博士を産みました。 「スティーヴンホーキング」博士には実の妹が二人と養子縁組による兄弟もいます。

長年ALSに悩まされる

教育熱心だった父親は「スティーヴンホーキング」博士を名門のウェストミンスター・スクールに入れたがっていましたが、博士は病気のため奨学金を受けるための試験を欠席し、セイント・アルバンズ・スクールに通うことになりました。 当時博士は数学的な才能の片鱗を見せつつも、学業的にはさほど優良ではなかったようです。 数学の魅力に目覚めた「スティーヴンホーキング」博士は大学で数学を学ぼうとしましたが、父親のすすめでオックスフォード大学に進学し物理と化学を学びました。博士が「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を発症したのはオックスフォード大学卒業後、ケンブリッジ大学大学院、応用数学・理論物理学科に入学した後でした。