華城連続殺人事件の概要

1986年に始まった華城連続殺人事件は1991年まで続き、10名の女性が強姦・殺害されました。警察でも大規模な捜査を行ったものの犯人を特定できず、2006年に公訴時効を迎えます。 しかし事件発生から30年を経た2019年、犯人が特定され自白を引き出しました。ここでは華城連続殺人事件の概要について、詳述します。

1986年から1991年にかけて韓国・華城で起きた連続強姦殺人事件

華城連続殺人事件は1986年、華城郡(現・華城市)で強姦・殺害された女性の遺体が見つかったことから始まりました。そして同様の強姦・殺害事件が1991年まで、華城郡周辺で続くことになります。 犯行現場は畑・農水路・山中のいずれかで、事件が起こるのは雨か曇りの日に限られていました。 農村地帯の半径2㎞以内という範囲で次々と女性が被害にあい、その残虐性から韓国国民を震え上がらせたといわれています。

残忍な姿で死体を遺棄

被害者女性は、10代から70代と年齢層が幅広いです。最初の被害者は71歳の女性で、1986年9月に下半身を露出させたうえで脚がXを描くように腹の上で縛られていました。 被害者の1人である23歳の女性は、持参していた傘を何度も陰部に刺されたことにより亡くなっています。別の被害者の陰部には桃の欠片が、また別の被害者にはボールペン・フォーク・スプーンなどが入れられていました。 犯人は、被害者女性の死体を残忍な姿で遺棄し続けました。