安全保障上破棄することはデメリットに

アメリカがこのように日韓のGSOMIAの継続に介入するのは、北朝鮮や中国に対する影響を懸念しているためとされています。 日本と韓国が対立することになれば、北朝鮮への軍事的・政治的圧力が低下し、またアメリカにとっては対立が深まりつつある中国への圧力も低下することにつながります。 このように日韓のGSOMIAの破棄はアメリカの安全保障にとってもデメリットとなるため、アメリカも積極的に介入してきているという背景があります。

輸出規制措置の緩和を求める韓国に日本の対応は?

韓国はGSOMIAの破棄というカードを切ることによって日本に対して輸出措置の緩和を求めてきました。しかしながら、アメリカの介入によって韓国は今後そのカードを切ることが困難になったとされていますが、日本政府はGSOMIAをめぐる韓国の対応に注視していくとの見解を示しています。