「controversial」の発音とアクセント

(画像:Unsplash

まずは「controversial」の発音とアクセントについて解説していきます。正しい音と響きを理解してリスニングにも役立てて下さい。

「controversial」の発音は「コントロバーシャル」

「controversial」(kὰntrəvˈɚːʃəl)の発音は、カタカナ読みすると「コントロバーシャル」ですが、ネイティブの人の発音は「カンタバーシャル」というような感じで、それぞれ以下のように発音するので注意が必要です。 ・「con」→「カン」 ・「tro」→「タ」 ・「versial」→「バーシャル」

「controversial」のアクセントは第三音節

「controversial」は前述したように「con」「tro」「versial」の3つに分けて発音します。一番強く発音するのは第三音節である「versial」です。 ちなみに二番目に強い音は「con」です。その為「tro」は「トロ」とはっきり言わず「タ」を強く読み、「ロ」はほぼ音にしません。

「controversial」の意味は「論争を呼ぶ」

(画像:Unsplash

「controversial」は「論争を呼ぶ」「物議をかもす」や「議論の」「論争上の」、又は「議論好きの」という意味を持ちます。 意味を見てわかる通りこの単語は形容詞ですので、元の名詞の形とその意味や例文を理解するとよりわかりやすくなります。