不倶戴天(ふぐたいてん)の意味は「深く恨むこと」

「不倶戴天(ふぐたいてん)」は、「同じ世の中に生きていたくない」「生かしておけないほど深い恨みを持つ」という意味で使われます。中国の「礼記(らいき)」が語源とされている四字熟語です。 もともとは「父の讐(あだ)は与(とも)に共(とも)に天を戴(いただ)かず、兄弟の讐は兵に反(かえ)らず、交遊の讐は、国を同じうせず」という一節によります。その当時は「父や主君の敵は殺すべきである」という意味で使われていました。

不倶戴天の使い方や例文

「不倶戴天」は「同じ世の中に生きていたくないほどの憎しみ、あるいは憎い相手」を意味する言葉です。そのため複数の使い方があります。 ここでは「不倶戴天」だけで使われる例を取り上げます。古来の「不倶戴天」とは使い方が異なりますので、その違いを覚えておいてください。

不倶戴天の憎悪

「不倶戴天」はかつて、憎しみを感じた相手を倒す意思を表す意味で使われていました。しかし現代では「決して赦せない相手への憎悪」という意味で使われます。 ・再婚相手と共に幼い私を虐待し続けたにも関わらず、病気だからと当然のように臓器提供を求める母に不倶戴天の憎悪を感じました。 ・私に不倶戴天の憎悪を植えつけたのは、小中学校時代に私を苛め続けた彼ら自身です。 「不倶戴天」を使う場合、憎しみの原因となる出来事があるということです。

不倶戴天

「不倶戴天」は単独でも使います。 ・継母は父が私だけを可愛がっていると誤解して、不倶戴天になりました。 ・相続問題に端を発し不倶戴天となってしまった兄弟と、生きているうちに和解したいです。 「不倶戴天になる」とは、「共にいられないほど憎しみを感じる相手」に対して使います。そこには「深い闇」や「感情の混乱」も見て取れます。