リードタイムの数え方、計算方法

数え方

数え方(画像:Unsplash

リードタイムは前述の通り受注から納品までの「期間」のことなので、数える時には「○営業日」と納品までにかかる日数を言います。 「期限」の場合に「5月20日」などの具体的な日にちを指定するのとは数え方が異なるので注意が必要です。

リードタイムの短縮

効率化

効率化(画像:Unsplash

自社が属する利益を最大化するためにはマーケティングや提供価値の向上だけでなく、効率的に商品を提供できるシステムを構築する必要があります。 ここではリードタイムを短縮することで得られるメリットや短縮する方法、またリードタイム短縮に成功した事例を1つご紹介します。

リードタイムが長いのはよくない

リードタイムが長い事は売り手にも買い手にも良くありません。 売り手はリードタイムが長いと、受注してから納品されるまでに買い手からキャンセルが入ってしまう可能性が高くなります。また、価格が変わらずより効率的に受注から納品を進められる競合他社が現れれば、買い手は全てそちらに流れていくため顧客を失うことにもなります。 買い手からすれば意思決定から完了までの時間が長くなるので、スピード感を持ったビジネスが出来なくなりフラストレーションを感じることになってしまいます。

リードタイムを短縮するメリット

リードタイムの短縮には「在庫処分リスク軽減」「ビジネスチャンスの確保」と言う2つのメリットがあります。 買い手側からするとリードタイムが短縮すればビジネスチャンス確保のために社内に在庫を抱え、その在庫を捌けなかった時に仕入れコストが無駄になるというリスクが減ります。 売り手からすればリードタイム短縮によって受注から納品までがよりタイムリーに出来るようになるため、顧客からのキャンセルリスクが減ることでビジネスチャンスを失う可能性が減り、獲得できる利益を最大限確保できるようになります。