リードタイムとは

(画像:Unsplash

製造業では製品を作る上でサプライヤーから材料を調達する必要がありますが、発注から納品までの時間が長すぎると重要なビジネスチャンスを逃して、利益獲得のチャンスを失うことにもなります。 ここではビジネスをする上で重要なリードタイムの意味について説明します。

リードタイムの意味は「商品を発注してから納品されるまでの時間」

「リードタイム」とは「商品を発注してから納品されるまでの時間」のことをいい、売り手視点で考えると受注を受けてから納品するまでの時間のことで、買い手視点で考えると商品を発注してから手元に届くまでの時間のことです。 受注から納品までの効率性は社内の製品供給システムを管理するSCM(サプライチェーンマネジメント)では重要な概念になります。 ビジネスで最も重要な「時間」を効率的に使うためにはリードタイムを意識した取引が必要で、特に買い手はサプライヤー業界を調べて最適な取引相手を探す必要があります。

リードタイムの英語は「lead time」

リードタイムは英語の「Lead time」から来ておりますが、英語の場合も意味は全く同じです。また「lead time for」で「〜のリードタイム」と言う形で使うことができます。 ・Our lead time for shipping is 2 business days. (弊社では出荷までに2営業日頂いております。) 上記の例では「lead time for shipping」で「出荷に必要な時間(=出荷に必要なリードタイム)」という意味になっています。

リードタイムと納期、サイクルタイムとの違い

「リードタイム」と「納期」と「サイクルタイム」は全く意味が異なります。 「納期」とは商品等を納品する「期限」のことで商品が納品される最終的な日時(=デッドライン)を言う時に使い、受注から納品の「日数」を言うリードタイムとは意味が異なります。 「サイクルタイム」は「特定のタスクをこなすのに必要な賞味の時間」のことで、1つのタスクを完了するのに必要な最小限の時間なので、リードタイムのように「タスクからタスク(=受注から納品)の所要時間」とは意味が異なります。