五里霧中の読み方は「ごりむちゅう」

「五里霧中」は「ごりむちゅう」と読みます。 「五里霧中」は読み方が先行し、「五里夢中」という誤った記載を見かけることがあります。「五里霧中」が正しいので、「夢中」と記載しないよう注意が必要です。

五里霧中(ごりむちゅう)の意味は「迷走し物事の進捗や方針が立たないこと」

「五里霧中(ごりむちゅう)」の意味は「迷走し物事の進捗や方針が立たないこと」です。 霧が立ち込めていると人間は視界が遮られてしまい、進むべき方角がわからなくなります。「五里」とは長さのことで、「五里霧」とは五里四方の範囲に立ち込めた霧を表します。五里は中国では2.5キロメートルです。 つまり「五里霧中」とは先行きがわからず方向性を見失い、判断がつかない状態・途方に暮れている状態をいいます。

五里霧中(ごりむちゅう)の故事成語からの由来や語源

「五里霧中」の由来は、中国の歴史書「後漢書(ごかんじょ)」です。 後漢の時代に張楷(ちょうかい)という人物が道術によって五里四方(ごりしほう)に霧を起こしたエピソードが「五里霧中」の語源となりました。「里(り)」とは長さの単位のことで、日本・中国・朝鮮半島で使われます。 「五里霧」までがひとくくりで、五里四方の霧を表します。「五里」「霧中」という区切りではないため、注意が必要です。

五里霧中(ごりむちゅう)の使い方と例文

「五里霧中」の意味を理解しても、いざ使おうとするとどのような文脈で使えばいいのか、どんな言葉と組み合わせるべきなのか迷ってしまいます。 四字熟語は仰々しい印象を与えてしまい文章から浮いてしまう場合もあるため、正しい使い方を理解し適切な言葉とセットで使うことが大切です。