1分でわかる六本木クラブ襲撃事件

1分でわかる六本木クラブ襲撃事件

  • クラブ「フラワー」で起きた集団暴行事件
  • 犯人は関東連合の元メンバーや暴力団関係者
  • 未だ指名手配中の犯人もいる

「六本木クラブ襲撃事件」は、クラブ「フラワー」で起きた集団暴行事件です。VIP席に客として訪れていた男性に対して、9人の目出し帽を被った男たちが襲い掛かりました。この時男たちは、それぞれ金属バットを手にしていました。 VIP席であったことが災いし、店内のほとんどの客は凶行に気づくことができなかったという事実も明らかになっています。男たちは1分間男性に暴行を加え続け、死に至らしめたのです。

石元太一や見立真一など

「六本木クラブ襲撃事件」の捜査が進む中で、石元太一や見立真一といった加害者の名前が挙がりました。 石元太一は関東連合と関連のある暴走族の元総長でその中で見立真一は関東連合の元リーダーでした。石元太一と見立真一は実行犯として犯行を犯してはないものの首謀者として「六本木クラブ襲撃事件」を企て指示を行なっていました。 そのため、「関東連合」との繋がりがあるのではないかという点に注目が集まっていました。警察の捜査も関東連合との関わりに重きを置いて捜査がなされました。

関東連合、暴力団の関係者が多数関わっていた

「六本木クラブ襲撃事件」には、関東連合やそのほかの暴力団の関係者が数多く関わっていたと考えられています。特に関東連合の関わりは強かったと見られており、実際に元メンバーであった者が逮捕されています。 逮捕状が出た19人の中で、関東連合の元メンバーであるのは5人でした。親元となる暴力団との繋がりがあったのではないかという考え方を持って捜査に臨んでいたため、警察は初めから暴力団関係者の存在を確信していました。