茫洋の語源

「茫洋」の「茫」には、「広々としている、果てしなく広がっている」といったように、遥か彼方まで開けているという意味と、「ぼんやりとしている」といったような、掴みどころがないというような意味があります。 また、「茫洋」の「洋」には、「広い」という意味があるため、この2つの漢字が組み合わさることによって、「広々としている」という意味を持つ「茫洋」という言葉が生まれました。

茫洋の使い方と例文

茫洋

茫洋(画像:Unsplash

「茫洋」は意味だけではなく使い方も難しい言葉です。実際に使う時にもどかしい思いをしないようにするためにも、しっかりと使い方をおさえておきたいところです。 そのために役立つ例文をいくつかご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

茫洋たる

まず「茫洋」を詩的に使った例文をご紹介します。

例文

  • 私の眼前には茫洋たる海が広がっていた。

これは、「茫洋たる」という言い回しを使って「広々とした」という意味を表した例文です。「茫洋たる」は小説や詩などで多く使われる表現で、「茫洋」の持つ意味をより詩的に表現します。 「~たる」という言い方をすることによって、文学的なニュアンスを醸し出すことができます。

茫洋とした

次に「茫洋」を一般的に使った例文をご紹介します。

例文

  • 彼はどこか茫洋とした人物だ。

これは、「茫洋とした」という言い回しを使って「掴みどころのない」という意味を表した例文です。「茫洋とした」は人物や風景を修飾する言い回しです。この例文では、「彼」が「茫洋」としている、つまり掴みどころのない人物であるということを表しています。 「~たる」よりも口語的な表現であることに注目しましょう。