眉目秀麗(びもくしゅうれい)とは

「眉目秀麗」という言い回しがあります。漢字から推測して肯定的な意味だろうと思いつつ、具体的な使用場面までイメージできない人も多いのではないでしょうか。 また、漢字の画数が多く音読みしにくい漢字も交ざっています。よくある読み間違いについても解説していきます。

眉目秀麗の読み方は「びもくしゅうれい」

「眉目秀麗」の読み方は「びもくしゅうれい」です。「じもくしゅうれい」「びめしゅうれい」は誤りです。 「眉」の訓読みは「まゆ」ですが、音読みは「び」です。「眉目(びもく)」は眉と目ですが、転じて顔立ちそのものを指す場合もあります。 訓読みすると「秀」は「ひいでる」、「麗」は「うるわしい」です。「秀麗」を単体で使用することも多く「他と比較して一段と優れ、立派で美しいこと」という意味です。

眉目秀麗の意味は「顔立ちが整っており、容貌が美しいこと」

「眉目秀麗」の意味は「顔立ちがたいへん整っており、容貌が優れていて美しいこと」です。 「眉目」も「秀麗」もそれぞれ個別で使われることも多い単語なので、それぞれの意味を知っていれば意味がわかります。 この言い回しを使う上で最も重要なのが、一般的に使う対象が男性に限られるという点です。きれいな女性を言い表すということはありません。あくまで男性の容貌を指して表現する場合に使う言い回しです。

眉目秀麗の語源

眉と目は、顔立ちの印象を決める重要な要素です。目と眉の距離と顔の印象を研究した論文では、目と眉の距離によって「積極的」「涼しげ」「怒ってそう」など単純な美醜以上の影響があることもわかっています。 そのため、「眉目」は「顔立ち」という意味で用いられるようになりました。 「眉目」と「秀麗」は別の言葉ですが、セットで用いられることが増え、決まった言い回しとして使われるようになりました。