多くの開催都市や長期に渡る開催日程

今回の大会の特色の1つに開催地の多さと、分散された地域の広さがあげられます。北は札幌市、南は大分県まで日本を横断する形で全12会場で行なわれます。 岩手県釜石市など日本のラグビーの聖地と言われる所から、大阪府東大阪市の花園ラクビー場など高校生ラガーマンの聖地もめぐることができますから、盛り上がることは間違いないでしょう。 また、開催期間も約6週間と長いので、タイトなスケジュールに慌てることなく、飛行機や新幹線などを使ってゆったりとした移動ができます。

訪日外国人による観光

日本を縦断する大会ですから、訪日外国人の多くもたくさんの観光地を訪れてくれるはずです。東京都や横浜市といった大都会もいいのですが、地方の観光スポットにも出かけて頂きたいものです。 大会は長期間行われますので、長期滞在が可能な富裕層、特に欧米壕などをターゲットに絞ったワンランク上のサービスが人気となるでしょう。

税収の拡大

2019年10月より消費税10%がスタートしました。スタジアムでは、会場で販売するビールや飲食物は増税前の価格に据え置いて販売するようです。 今回の増税では、軽減税率などの複雑なシステムが導入されているため、外国人観光客の混乱を最小限したいと考えています。彼らの旺盛な飲食による税収が見込めるでしょう。

開催都市の雇用増大

ワールドカップによる経済効果によって、「直接効果」では来日外国人に対応するための雇用の拡大、それに伴い「一次波及効果」「二次波及効果」による雇用の拡大が期待されます。 直接効果による飲食店や旅館業などでの雇用拡大、また一時波及効果では直接効果に伴う原材料の製造の誘発による売り上げの向上、二次波及効果では直接効果で得られた利益が還元され、消費や雇用の拡大が見込まれると思われます。