買い占めを行う人々の心理

1分でわかるニュースの要点

  • なぜ人はトイレットペーパーに群がるのか
  • 店頭に商品がなくなる
  • 必要な人の手に渡らない

店頭から一時消えたトイレットペーパーを見てみなさんはどう思ったでしょうか? 他にもマスクや食料品も供給量以上の買い占め行動によって店頭から続々なくなっています。 安心感のために必要以上に買い込む行動のため、本当に必要な人の手に渡らないというジレンマが生じています。

マスクの買い占め

前から歩いて来るすれ違う大多数の人がみなマスクをしているという異様な光景がもはや日常となりました。 しかし今やマスクは「1人一個まで」「混乱を避けるため開店時からの販売はしません」などの貼り紙もされて熾烈な争奪戦となり、つい最近まではスーパーやドラックストア・コンビニ・ネット通販などでさまざまな種類が豊富に売られていて身近だったものが一気に入手が困難な商品となっています。 今までは必要としていなかった人までがマスクを求めて入荷情報を調べて買っていき、中には見つけた時点で買い占めるという行動が加速してこの状況が生まれたと言えます。

トイレットペーパーの買い占め

トイレットペーパーも一時店頭から姿を消しました。 日本国内の消費量の98%が国内生産なのにも関わらず、原料・製造が中国だというデマが流れ買い占めが起きて品薄となり、消費者に理解を求めるために日本家庭紙工業会から「トイレットペーパー、ティッシュペーパーの供給力、在庫は充分にあります」との異例の発表がありました。 普通の消費スピードであれば問題なく生産が出来ている商品であっても、大量に買ってストックしておこうという人たちが増加したため供給スピードが間に合わなくなったことがこの現象を引き起こしたのです。

食料品の買い占め

マスク・トイレットペーパーに続いて食料品にもこの買い占めの流れが起きています。 東京での新型コロナウィルス感染者の増加を受けて3月25日に小池都知事が週末の外出自粛を要請するや否や、「食べるものがなくなったらどうしよう」という生きていくための根源ともいえる不安に駆られた人々は都内のスーパーに押し寄せ長蛇の列をなしました。 食料品についても「安定的な供給体制には問題がない」と政府は冷静な行動を促す発言をしてはいるものの、万が一のためという人の行動は止まらず保存の効く乾麺類・冷凍食品・レトルト食品などが集中的に購入されている模様です。