ジェームス・バルガー事件の概要

幼児のジェームス・パトリック・バルガーが、2人の少年に誘拐されて暴行を受け、無惨に殺害された事件です。被害者が2歳だったこと、さらに加害者の少年が10歳だったことが、残虐な犯行と合わせて当時のイギリス社会に大きな衝撃を与えました。

1993年にイギリス・リバプールで起きた誘拐殺人事件

事件が発生したのは1993年2月12日、場所はイギリスのリバプールです。母親と一緒に買い物に来ていた被害者のジェームス・パトリック・バルガーが、母親の会計の隙に誘拐されてしまいました。15時39分に誘拐された様子が防犯カメラに映っており、他に38名の目撃者がいたそうです。 ジェームス・パトリック・バルガーが発見されたのは、事件から2日後のことです。約4km離れた線路沿いで轢死体となっていました。

被害者は当時2歳のジェームス・パトリック・バルガー

事件が大きく注目された要因の1つが、無惨に殺された被害者が幼かったことです。ジェームス・パトリック・バルガーは1990年3月生まれの男の子で、事件発生当時たった2歳11ヶ月でした。 被害者の母親デニス・ファーガスは著書「I Let Him Go」やインタビューなどで、小さな2歳の息子のために特注の棺が必要だったこと、外傷が酷すぎて最後に対面できなかったことを語っています。