1分でわかる大洋デパート火災

大洋デパート火災

  • 1973年11月29日、営業中の大洋デパートで火事が発生
  • この火災により103名が死亡、124名が重軽傷を負った
  • この火災事故が消防法の改正に大きな影響を与える

1973年11月29日13時15分に、熊本県熊本市においてデパート火災史上最悪の事故が起こりました。それが「大洋デパート火災」です。数多くの死傷者を出し、その後の建築法や消防法の改正に多大な影響を与えました。 今回は地元・熊本ではいまだ語り継がれる「大洋デパート火災」について、解説します。

大洋デパート火災の概要

1973年に起こった日本のデパート火災史上最悪の「大洋デパート火災」では、従業員だけでなく数多くの買い物客が犠牲になりました。死者103名・重軽傷者124名・計227名が、この火災に巻き込まれています。 ここでは「大洋デパート火災」の概要について詳述します。

1973年に起きた史上最悪のデパート火災

「大洋デパート火災」は、1973年11月29日13時15分に発生しました。 大洋デパートは鉄筋コンクリート造で地下1階・地上13階建て(一部9階建て)となっており、火災発生当時は買い物客で賑わっていました。 その時期の大洋デパートは、隣接する櫻井総本店ビルの3~8階を増築並びに改装するために工事を行っていました。工事のために組んだ足場が、その後25名の命を救うことになります。

103人が死亡、出火原因は不明

「大洋デパート火災」の出火場所は2階と3階をつなぐ、階段の踊り場といわれています。 置いてあった段ボールから出火されたと予想されているのです。しかし現場検証では火元の特定には至っていません。 「大洋デパート火災」による死亡者は従業員・買い物客・工事関係者を合わせて103名に上ります。また、124名が重軽傷を負いました。一方で92名は救出されています。