ドレフュス事件とは陸軍の大尉のドレフュスがドイツのスパイであった事件

1871年のフランスは、普仏戦争に敗れた後経済的な苦境に陥り、国民の第三共和政への不満から社会的に不安定な状態が続いていました。 1894年、そんなフランスを驚愕させる事件が起きます。フランスの陸軍情報部が、パリのドイツ駐留所から軍内に対独通謀者がいることを示すメモを発見したのです。 軍部は筆跡が似てるとして、ユダヤ人大尉のアルフレド・ドレフュスを逮捕しました。軍法会議は何の物証もないままドレフュスに有罪を下したのでした。

ドレフュス事件の概要

ドイツのスパイ容疑で逮捕されたドレフュスは、一貫して自分の無実を訴えます。しかし軍法会議はそれを認めず、無期流刑を言い渡しました。 この判決をめぐって世論は二分され、ユダヤ人差別に反対する共和派と、軍部・教会派が激しく議論を戦わせることになります。 こうした両派の闘争の末に、ドレフュスは2回目の再審で無罪を勝ち取りました。しかし、事件は19世紀フランスが抱える反ユダヤ人の根深さを示す社会問題となり、その後のシオニズム運動へと繋がっていきます。

第三共和政が揺らいでいる時期

ドレフュス事件以前のフランスは、1880年代までに国内の大資本と結び共和制の政治を確立させました。しかし、普仏戦争の敗北後から対独強硬論を唱える右派と軍部と、一方の労働組合主義(サンディカリズム)の台頭によって、右左双方からの攻撃により共和制は徐々に揺らいでいくことになります。 更に、小党の乱立や議員の汚職などの腐敗もあり、徐々にその権威を失っていきます。こうした混乱を背景に、軍部独裁政権の樹立を目指したブーランジュ事件が1889年に起き、1892年にはパナマ事件と続き、益々第三共和政に対する国民の不信が強まっていきます。

世間では反ユダヤ主義が高まっていた

ヨーロッパ諸国で迫害を受けてきたユダヤ人ですが、フランスもその例外ではありませんでした。カトリック教国のフランスでは、ユダヤ人はキリストを裏切ったユダの子孫という単純な理由で憎悪の対象となっていたのです。 しかし、18世紀後半に起きたフランス革命によって「自由・平等・博愛」の理念が広がると、ユダヤ人への差別も否定される空気が広がり始めました。 ところが、下層部民や農民の間には成功したユダヤ人に反感を抱く者も多くなり、こうした民衆の反ユダヤ人感情が過激化したことで、ドレフュス事件は反ユダヤ人思想による社会問題へとなっていきます。

ユダヤ人の複雑な思い

キリスト教徒から迫害を受けてきたユダヤ人ですが、フランス革命後にはユダヤ人にもフランス国民と同じ権利・義務を与えようという動きが出てきました。 しかし、ユダヤ人の中には西洋社会に同化しようと言うグループと、ユダヤの伝統的な信仰や習慣を大事にしたいというグループとに分かれ、ふたつのグループは実質的に分裂してしまいます。