検疫官の服装や業務

検疫官がコロナウイルスに感染したということで話題になっていますが、検疫官はどのような業務を担当し、またどのような服装で作業を行うのでしょうか。 検疫官がコロナウイルスに感染した理由についていろいろと言及されています。

WHOの規定はクリアしているが防護服ではない"軽装"

検疫官は作業時、医療用のマスクや手袋を着用していました。これにより、一応はWHOの規定はクリアしています。 その一方で防護服やゴーグルは着用しておらず、いわゆる軽装です。防護服やゴーグルを着用しなかった理由としては、検疫される側の心情に配慮してとのことです。 防護服やゴーグルを着用しなかったことについて世間からは問題視されていますが、専門家の見解としては装備の問題ではなく、手袋を外す際に外側を触ってしまったことに問題があったのではないかと指摘されています。

船内の人々の検温や問診等

検疫官はクルーズ船に派遣され、そこで検疫業務にあたっていました。検疫業務の内容としては、乗客から質問票を回収する、体温を測定する、などです。 業務上必要であったため、2月3日の夜から4日の夜までは客室にも立ち入っていました。しかし5日に乗客の中にコロナウイルスの感染者が確認されたので、5日以降検疫官は客室に立ち入っていません。 とはいえ感染者の確認以前にも当然客室にコロナウイルスが存在していたため、検疫官が感染するに至りました。